このエントリーをはてなブックマークに追加

no title



1: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 09:58:37.59 ID:7OBPgHg70
とある森の集落の話・・・。
春はすべての生き物を祝福するように現れるがゆっくり達もその例外ではない。二人のゆっくりが苦難の表情を浮かべている

「ゆぅぅ!ゆぅぅ!うまれるよ!」
「れいむ!がんばるんだぜ!おちびちゃんのかおみえてきたのぜ!」

今一つの命が生まれようとした

2: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 09:58:53.40 ID:7OBPgHg70
「ユピピ!おかはおかだよ!ゆっくりしていってね!」

「ゆぁぁ・・・」

「とってもゆっくりしたおちびちゃんだよ!・・・ゆ?

3: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 09:59:21.20 ID:7OBPgHg70
何かがおかしい、そう親まりさは感じた。
それも無理もない、今生まれたばかりのこの子ゆっくりはまりさ種のような帽子も、れいむ種のような お飾りもない。
あるのは人間用の眼鏡と二人にとっては似ても似つかない短髪の黒上

「ゆぅぅ・・・まりさぁ」

「れいむぅ・・・


4: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 09:59:59.05 ID:7OBPgHg70
一瞬、親れいむの浮気を疑ったまりさだが「れいむに限ってそんなすることはない」という番に
対する夫としての信頼が勝った、なにより・・・

「ユピ!おとーちゃ!おかーちゃ!」
「「ゆああ!!」」

今、この瞬間に自分たちの餡を分けた子がいるという親としての自覚が一瞬にして二人の不安をぬぐった。

5: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:00:13.28 ID:7OBPgHg70
それから数日後・・・

「まっ!まってね!まりちゃ!」
「ゆへぇ!いつもおかはおそいのじぇ!」

春の温かさを感じながら村の広場で遊ぶ二人の子ゆたち、ゆっくりおかは見慣れない希少種だ。その珍しさから迫害される希少種たちの例は珍しくもない
話だが、それでも迫害を受けずにいるのはこの集落の善良さがゆえだ。

6: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:00:29.01 ID:7OBPgHg70
「ゆはぁゆはぁ・・・」
「ゆへへ!おか、またまけちゃのぜ!」

「ときゃいはね、ふたりとも」

「「ありちゅ!」」

7: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:00:44.47 ID:7OBPgHg70
この子ありすは二人にとって、いやこの辺の子ゆっくり達にとってはマドンナ的存在だ。
同じ種のありすたちでさえ彼女の美貌を「とかいは」と褒めるくらいだ。

「あ、ありす・・・まいちゃ・・・その・・・えーっと(カァー)・・・」

「ゆ…ユピぃ・・・」

「ふふ」

8: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:00:57.27 ID:GWSeDw+d0
昨日の続きか

9: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:00:58.41 ID:7OBPgHg70
緊張のあまり声が出せないふたり、しかし意外にも

「ユピぃ!れんあいはじゆうきょうっそうさんなんだよ!」

いつもは内気な子おかが声を上げる

10: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:01:16.39 ID:7OBPgHg70
「ゆ!ゆううう!まりちゃもありすがすきなんだじぇええええええ!!」

「ふたりともとかいはでゆっくりしてるわ」

桜の花びらが子ゆっくりたちの安息を静かに包む・・・。
まるで楽園が約束されたアダムとイブのように・・・こんな日常が続くのだと・・・。

11: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:01:31.51 ID:7OBPgHg70
「ゆゆ!おちびちゃんはじがかけるのぜ!」

「さすがおちびちゃん!ゆっくりしてるよ!」

「ユピピ!うれしーのじぇ!」

おか種は他のゆっくり達と違って、ある特別な傾向がある。学習能力の決定的な違いだ。本来、学習能力が高い種はぱちゅりー種など、そのほかの希少種が例にあげられるが、おか種は
群を抜いて学習能力がたかい。

12: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:01:46.03 ID:7OBPgHg70
「えいごさんもできるよ!I am japanese general adult man」

「ゆゆ!おちびはてんっさいなのぜ!」

「しょうらいはむれのけんじゃさんだね!」

13: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:02:04.83 ID:7OBPgHg70
一見すると優秀なおか種ではあるがその点、体力は他のゆっくりに劣るという欠点がある。そして・・・

「ゆぅぅ・・おちびちゃんはほかのこたちとちがってちいさいね・・・」

非常に小柄だ。成人になったおか種の体格はせいぜい通常種の子ゆっくりと成人ゆっくりの中間のおおきさである。だが今まで上げてきた欠点はであるまだ優しいものである。 おか種には決定的な欠点がある。

32: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:08:44.88 ID:n0wwm77jH
>>13

14: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:02:27.79 ID:7OBPgHg70
数か月後

「おい!そこのていがくれきなゆっくり!!おかとすっきりするユピイイイイイイイイイ!!!!!」

成長したおかが他の通常種にたいして交尾を要求する声が聞こえる。これがその欠点だ、おか種は
成長するにあたって必ずゲス化するようにできている。反感を買って惨たらしい死を迎えたおか種が9割方である。

15: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:02:55.58 ID:7OBPgHg70
「ユピピ!ゆっくりしてないゆっくりだねぇ!おかくんかっこよくてごめんねええええ!!!」

「ゆぅ・・・」

「れいむ・・・」

自分たちの教育が間違っていたのかと自分を責める二人、するとそこから

「むっきゅん」

「「!?おさぁ!」」

16: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:03:13.87 ID:7OBPgHg70
「むきゅぅ・・・あのまま人間さんに見つかったら、あの子は必ず永遠にゆっくりさせられるわ・・・」

「「ゆぅ・・・・」」

「ユピピ!これはこれはおさじゃないのかユピ!」

「むきゅ・・・そうよ。こんにちは」

「じつはおさにみせたいものがあるユピ!」

「「「?」」」

17: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:03:47.87 ID:7OBPgHg70
これユピ!」

「むきゅ?・・・これは・・・・・」

おか種はその賢さからイラストを描く特色がある。だがそのイラストは日本人に対するヘイト的なイラストだ。しかも文字が
書けるゆえに日本語と英語を織り交ぜた攻撃的な 書き込みを自身のイラストに添付している

18: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:04:10.46 ID:7OBPgHg70
「むきゅ!いますぐ絵を描くのやめなさい!」

「ユピぃ?」

文字が読めるぱちゅりーはすぐにそのイラストの意味を理解した

19: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:04:28.98 ID:7OBPgHg70
「いい!?こんなイラストがもしも人間さに見られたら制裁・・もしくは村の一斉駆除まで考えられるわ!」

「にんげんさんがきてもだいじょうぶユピ!あべのせいにすればいいユピ!」

20: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:04:59.95 ID:7OBPgHg70
「あべ」、おか種などがよく口にする「あべ」とは日本の現首相(2018年現在)である安倍首相のことである。
おか種は安倍首相に関連する物を特に嫌う傾向がある、が事あるごとに都合の悪い出来事を安倍首相の責任に転嫁するというよくわからない性質がある。

「ユピピ!おかのゆっくりできるイラストさんがりかいできないおさはゆっくりしてないね!」

「今すぐ言動や行動を改めないと村から追い出すことも検討しなきゃいけないのよ」

21: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:05:38.18 ID:7OBPgHg70
「ユピピィィィィ・・・!!!ゆっくりしてないおさはしねえええ!!!りとるぼーいあたっく!!!」

「キャッ!?ってなんも痛くない!?」

おか種の小柄な体格は同族での戦闘に非常に不向きだ。彼の渾身の体当たりは体力のぱちゅりー種に正面からあたったが、
痛くもかゆくもないとはこのことである。

22: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:05:52.89 ID:NtJIFWX60
岡虐ええぞ

23: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:06:15.35 ID:7OBPgHg70
「おか!もうやめるんだぜ!」

「ゆぅぅ・・そうだよ!まりさのいうとおり、けんかはよくないよ!」

親まりさたちがおかを止める

「むきゅう・・・実害は実質ないとはいえ、赤ん坊なおちびちゃんにその矛が向かったら大変だわ・・・」

「ユピピ!じゃっぷとしてうまれたおちびちゃんはくるしんでしんでね!」

24: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:06:41.68 ID:7OBPgHg70
「むきゅ、村の長として命令を下します!あなたは三日の短期間の間、村から追放します!!!!!!」

「ユピ!?」

25: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:06:53.28 ID:Ipan8tbQ0
やったぜ

26: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:07:08.31 ID:7OBPgHg70
三日間だけの村からの追放、それがおかに言い渡された罰則だ。

「ユピピぃ!??おかはこうっがくれきさんなんだよ!ついほうなんて・・・ユピピィィ!?」

抵抗が激しいおかであったが、体格も小柄で体力がない彼はぱちゅりーにヒョイと持ち上げられ、森の奥深いところまで連れてこられた。

28: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:07:34.31 ID:7OBPgHg70
「いい?ここで三日間過ごすのよ。帰る道は私しかしらない、帰ろうとするほうがリスクが高いわ。ここで三日間無事過ごせればあなたは村に無事返してあげる」

本来、この森は食べ物や水もあり、普段の生活や冬の峠を越えるのは難しい話ではない。

「じゃあね!また三日後あいましょう!」

29: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:07:53.37 ID:jfAwmK520

30: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:08:10.88 ID:z6BLhHlxx
文体が臭すぎる

31: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:08:30.59 ID:7OBPgHg70
体力が劣るおか種はぱちゅりーの足の速さにすらついていけない。すぐに見失って森の奥深くの生活を余儀なくされた。

33: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:08:54.00 ID:7OBPgHg70
「ユピピィィィ・・・こんなところでせいかつなんてらくしょうユピィ!」

彼の言っていることは間違いではない。だがそれは通常種の場合での話だ。

一日後

「ゆはぁ・・・ゆはぁ・・・みずぅ・・・・だれか・・・だれでもいいからみずぅ・・・help me」

34: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:09:25.73 ID:7OBPgHg70
先ほども言ったがおか種の狩り能力は絶望的だ。今まで親の庇護のもと甘やかされている彼にとっては唐突な一人暮らしは地獄である

35: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:09:43.44 ID:lL1MI9e70
謎のコンテンツ化

36: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:09:54.11 ID:7OBPgHg70
「はぁ・・・はぁ・・・このままじゃ・・・ひろしまのひばくしゃみたいになっちゃうよ・・・」

本来、三日間の追放は「寂しさを知って他人との関係の重要さに気付いてほしい」という長の思いがある。けっして生命的なところにまで追い詰める要素はこれっぽちもない。

「あぁ・・・あぁ・・・ユピピぃ・・・」

が、その予想とはずれて彼は今まさにこと切れようとしてる。が

37: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:10:06.17 ID:VRUqp6OC0
唐突な安倍で草生える

39: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:10:27.47 ID:7OBPgHg70
「スピィー、スピィー」

「ユピィ!?声が聞こえるよ!」

子れみりゃたちだ。子というよりはまだ生まれたての赤ん坊のれみりゃ個体・・・。親は狩りに行っているのだろうか、周辺に成体のれみりゃはいない。

40: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:11:09.97 ID:7OBPgHg70
「・・・・」

れみりゃの巣に入り、目の前の赤れみりゃたちを見つめる。そして

「もうおなかがへってしにそうユピぃ・・・・ゆっくりしねええええええ!!!!」

これは夢なのか現実なのか・・・、加熱した空腹はついに危険な領域にまで達する。

「ぎゃああああああああ!!!いたいんだどおおおおおお!!!!!」

「おかああちゃああああああ!!!!!」

「ユピピィィィ!これうっめ!めっちゃうっめ!ケラケラトプスゥウウウウ!!!」

共食いだ。おか種は成体になるあたって倫理観が非常に脆くなる。共食いはもちろん、寝込みを襲った同族殺

42: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:12:04.35 ID:7OBPgHg70
>>40
すまん、途中で切れた

共食いだ。おか種は成体になるあたって倫理観が非常に脆くなる。共食いはもちろん、寝込みを襲った同族殺し、れいぱー化、子ゆっくりであっても食欲や性欲の対象にする。
おか種がいうにはこれも「あべのせい」であるらしい

41: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:11:16.78 ID:n0wwm77jH
ぱちぇ=長という常識を疑え

43: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:12:35.91 ID:7OBPgHg70
「ユピピィィィ!・・・のこったおちびちゃんはすっきりするユピよ!」

「ぎゃあああああ!!!!いたいんだどおおお!!!れみりゃのばーじんがああああああああああ!!!!」



「い・・いったいなにしてるんだどおおお!!!!??」

「ユピピィ!?」

44: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:12:55.73 ID:Ipan8tbQ0

45: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:13:00.89 ID:7OBPgHg70
親れみりゃたちが彼の凄惨たる行動を目のあたりにする。

「おちびちゃんんん!?ううう~~~!!もうゆるさないだどおおお!!!」

ふと、おかの体が揺れた、一瞬は何が起こったのかと思った彼だったが、その答えをすぐに理解した。

「ゆ・・・・ユピピピピイイイイイイイイイいいい!!!??」

自信の顔の左半分をまるまると口元にたらすれみりゃ。
彼は残った右目で状況を理解せざる得なかった、その強烈な痛みとともに

46: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:13:27.14 ID:7OBPgHg70
「ユピピぃ!?すぐにげるよ!」

おか種はとても足が遅い

「うう、まつんだどー!(ガブ)」

「ユピャあああああ!!!」

敵うわけもない。

47: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:13:56.68 ID:7OBPgHg70
「うう~!!ここからだと!」

おかの体を高速で浅く傷つけるれみりゃ、その回数は増していき、浅い傷とはいえ、おかの体はもう見るも無残だ。

「ユピャあああああああああああ!!!もうやめて!ころしてえええええええ!!!」

「まだおわらないんだぉー!」

48: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:14:08.38 ID:Q3Mqc6nj0
餡庫に投稿しろ

49: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:14:21.21 ID:7OBPgHg70
れみりゃの強烈な体当たりが岡の体に激突する。

「ユピャァ!?」

れみりゃの体はその速さとともに彼の体の奥深くまでのめりこみ、中枢餡を傷つけた・・・。

「ユピャァ!ユピャァあ!」

自慢の知能の高さもこれではおしまいだ。今いるのは二人のみ、れみりゃと、たりないゆ、のみだ

「うう~!!(ガブ!)」

「ユピピ!?」

51: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:14:42.53 ID:7OBPgHg70
れみりゃが器用に彼の頭上の皮だけをつかむ、そして

「ユピピ!???」

全身の皮をスッポリとぬく、自身を保護してくれる皮はもうなく、全身の内臓を事あるごとにさらけ出している

「ゆぴゃぁ!」

52: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:15:12.44 ID:7OBPgHg70
「うう~!これでまんぞくなんだどぉ!」

れみりゃはそういって、餡子と寒天だけの気持ち悪い生モノをおいて去っていった。

数時間後

「ユピ…ユピャァ」

もう歩けなくなった生モノは徐々に乾燥していく自身の
むき出しになった内臓の痛みを味わっていた。残りの目玉はマブタもないので乾燥してすぐに見えなくなった。

53: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:15:36.70 ID:7OBPgHg70
「ユピィ…(だれか・・・だれかもうころちて・・・)」

その願いもむなしく、腹をすかせた鳥たちが彼の体を少しずつ捕食する

「ユピぃ!(いたいいいいい!!もうやぢゃああああああああ!!だれかころしてええええええええ!!!!)」

おなかが満腹になった鳥たちは中途半端に残して去っていく、もうそこにあるのは小さな餡とぎりぎり残った中枢餡だけだ。彼はまだ死んでいない

55: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:16:07.39 ID:7OBPgHg70
(ゆっくち!ゆっくち!ゆっくち!ゆっくち!)

ほとんど中枢餡だけの彼は非ゆっくり症になってしまった。それから雨が降り始めた。その雨は小雨だったために彼が本当に死ぬのは小雨が降ってから約5時間後だった。

二日後

「むきゅ!三日たったわ!元気にしてるかしら!」

長であるパチュリーが迎えに来る

56: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:16:32.38 ID:7OBPgHg70
「むきゅう?どこにもいない」

いくら探してもいなかったのでパチュリーは村にしぶしぶ帰ることにした。

「「ゆぅ・・・おさぁ・・・」」

「残念だけど、あなたたちの子供は見つからなかったわ。
多分、もう・・・」

彼の死を告げる長、その結末に悲しむ両親、ゲスな奴ではあったが村中が彼の死をいたわった。

57: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:16:54.57 ID:n0wwm77jH
しぶとすぎて草

58: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:16:57.37 ID:7OBPgHg70
数週間後

「ゆゆ!おちび!どうしたのぜ!?」

「ゆゆぅ・・・」

自信の子供を慰めようとする親まりさ

「まりちゃ・・・きんじょのれいみゅがすきなんだじぇ・・・でもなかなかこえがかけられないのじぇ・・」

「おちび!れんあいはじゆうきょうっそうさんなんだぜ!こえをかければいいのぜ!」

「ゆああ!ゆっくりりかいしちゃよ!あしたまた、こえをかけにいってくるのぜ!」

「さすがはおちびなのぜ!」

春はもう終わりを迎えていた・・・。


59: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:17:44.71 ID:jfAwmK520
漫画化希望

60: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:18:13.93 ID:Q3Mqc6nj0
なんj鬼いさんを出せ

61: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:18:30.86 ID:n0wwm77jH
弟おるバージョンも書いてどうぞ

62: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:18:31.21 ID:Ipan8tbQ0
いい話やな

63: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:20:58.86 ID:13ZsL68U0
利明に贈りたい

64: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:21:48.15 ID:td/Xbu+S0
弟殺そうとして失敗する話も書け

65: 風吹けば名無し 2018/09/03(月) 10:23:01.34 ID:0BrzNTXJd
ええやん



2783: オススメ記事紹介するやでーwwwwwwww 2012/03/08(木) 00:08:42.02 ID:2PutaGbC

引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1535936317/