no title


ゆっくり岡くんSS 「としあきと飼いゆおか」


1: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:37:03.30 ID:cY2IIoqW0
としあきと飼いゆおか

「今日の公園は景色がいいなぁ」

そう軽く口ずさむ公園のベンチに佇む一人の老人がいた。彼の名は「としあき」
定年退職を迎えた彼は第二の人生の一歩としてブログをネット上で公開するのが
盆栽いじりより生きがいを感じている

「写真にでもとっておくか」

そういいながら彼は手持ちのスマホで季節を感じる平日の公園にレンズを向けた
ある程度、写真を撮ったかと思うと彼は満足して帰宅に足を運んだ

2: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:37:20.81 ID:cY2IIoqW0
「ただいま、今戻ったよ」

「あなた、お帰りなさい」

一人の老女が彼を迎えに来る、この女性は長年に寄り添った彼の妻である。

「ユピピ!としあきがかえってきたよ!」

彼女の足元に子ゆっくりと同じサイズのゆっくりが見える。
このゆっくりはゆっくりおか、たまたまペットショップで見かけ、160円台のところを店員に交渉して150円にまけてもらい老後のペットとして
彼にとっては機能している

3: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:37:40.44 ID:cY2IIoqW0
「ただいま、おか。今日は大好きなトンカツを買ってきたよ」

「ユピピ!とんかつさん!とんかつさんはゆっくりしてるね!」

「すぐに晩御飯にしましょ」

一家三人(?)は夕食にありつけ、茶の間をテレビを見ながら雑談をする



4: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:38:00.41 ID:cY2IIoqW0
((ええ~、誠に遺憾であり・・・我が国としては・・・))

「ユピ!あべはゆっくりしてないね!ゆっくりしないですぐに、じにんしてね!すぐでいいよ!」

「コラ、そんな汚い言葉を使っちゃだめだぞ」

「ユピィ・・・」

そんな日常を繰り返しながらある日、夫婦はお墓詣りに行く予定がありその日はおかにお留守番をさせようとした

5: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:38:25.88 ID:cY2IIoqW0
「お墓参りに行ってくるよ」

「すぐに帰ってくるからね、いい子でいるのよ。」

「ユピ!だいじょうぶユピ!おかはじぶんのプレイスをしっかりまもるよ!」

そう言うと二人はおかを残して車庫にある車を走らせながら家をあとにした。

「ユピピピ!・・・ユピャピャピャ!!これでおかはフリーだよ!さっそくれいのばしょにいくよ!ケラケラ!!」

このおか、夫婦の前では善良なふりをしているが実は相当にゲスな人格を隠し持っている。ペットショップで格安で売られていたのも
この性格さがゆえである。不気味な笑みを浮かべたかと思うと彼は器用に家の窓を開け、例の場所に赴くのであった・・・。

6: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:38:48.51 ID:cY2IIoqW0
場所は変わって近所の公園


「ゆゆ!れいむのかみのけさんはゆっくりしてるね!」

「ありがとうね、まりさ。れいむもまりさがゆっくりしてるとおもうよ!」

「とかいはでみんなゆっくりしてるわ」

「むきゅ!へいわなのがいちばんよ!」

公園のゆっくりたちがそんな会話をしている。この公園では野良のゆっくりたちが住み着いている
この群れは善良種の集まりだっため、一斉駆除も人間に攻撃されることもない。たまに飼い主と散歩をしている飼いゆっくりと
話をしながら事なかれを得ている。

7: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:39:16.87 ID:cY2IIoqW0
「ユピ!おい!そこのていっがくれきなゆっくり!おかのいらすとさんをみてね」

「ゆうぅ?なんだかよくわからないけどゆっくりしていってね!」

「ゆわぁ!いらすとさんなのぜ!ゆっくりみさせてもらうぜ!」

あまり丁重な挨拶とは言えないが、おかの提示するイラストを見て一斉に視線を向けるゆっくりたち
そして・・・

9: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:39:33.22 ID:cY2IIoqW0
「う~ん?・・じょうずさんだけど・・・」

「まりさもよくわからないけど、どくとくなせんす?ともいうのかぜ・・?」

「これがとかいのあーとさんってやつなのかしら?」

「ぱちぇもおなじかんがえよ・・・」

何とも言えない。全員は彼のイラストを見てそう思った、おか種はその特性としてイラストを描く傾向があるが
大抵の場合は同族のゆっくりであろうとも人間であろうとも良い評価を下しにくい出来だ。

10: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:39:55.48 ID:cY2IIoqW0
「ユピピピピ!!!!!!(ギリギリィィィ!!!)おかのいらすとがわからないじゃっぷは!!!ゆっくりしねえええええええええ!!!りとるぼーいあたっく!」

「ゆわ!」

おかの体当たりを上手くかわすまりさ、丁度まりさの後ろには公園のベンチがあったので
自信の全力の体当たりのスピードとともに彼は公園のベンチに顔を当てる羽目になった

「ユピャああああ!!!おかのおかおがあああああ!!!くそおおおおお!!!」

11: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:40:12.41 ID:cY2IIoqW0
衝撃によって顔中に具が漏れ出す。

「ゆゆ!だいじょうぶなのかぜ!?」

「だいじょう!?よければ、れいむもちりょうするよ!」

一斉に彼を心配するゆっくりたち、その思いと裏腹に自身の不慮の事故を逆恨みする小さなゆっくり

「そうだ!にんげんさんにもらったあまあまさんがあるのぜ!」

そう言うとまりさはおさげを帽子の中に入れ、小さな和菓子を取り出した。

12: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:40:29.61 ID:cY2IIoqW0
「これをたべてげんきだすのぜ!」

「ユピピピピピ!?????わがしいいいい!???わがしはゆっくりできない!!!!!!ゆぴゃああああああ!!!」

「「「ゆう!???」」」

和菓子をみて発狂したおかは全力で公園を出てゆき、そのままもう見えなくなった。

13: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:40:50.40 ID:cY2IIoqW0
「ゆう?せっかくあげようとおもったのにぜ」

「あのけがさんじゃ、れいむしんぱいだよ」

「あんなにあせって、じこにあったらたいへんよ」

「むきゅ、だいじょうぶならいいけど・・」

場所はまた変わり、自身の家に無事帰宅するおか。必死に走ったせいで体力も使い
移動中に傷口から具がさらに漏れ出したせいでもうボロボロになっていた。

14: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:41:01.59 ID:989LFEHg0
イッチあんまり文章書くの得意やないやろ

15: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:41:08.81 ID:cY2IIoqW0
「ユピィ…ユピぃ・・・・ゆっくりできないゆっくりたちだったよ・・・あそこはゆっくりぷれいすじゃないよ・・ちゅうせいじゃっぷぷれいすだよ・・・」

「そうだ・・・としあきがのんでるおれんじじゅーすさんが、てーぶるのうえにあるよ・・・」

全身の痛みを屈指の思いで我慢してテーブルまで登るおか、そして

「ゆふぅ!おれんじじゅーすさん!ゆっくりしないででてきてね!」

オレンジ色をした容器を倒してその漏れた液体を全身に浴びるおか

16: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:41:28.82 ID:cY2IIoqW0
「…ユピ!・・・ユピャあああああああああああああああああ!?????ぜんしんがいたい!!!!!!どぼじでえええええ!???」

本来なら回復するであろうと高をくくっていたため、その不意ともいえる痛みを全身で味わう

「ゆぴいい・・・・・・・もっと・・ゆっくち・・・したかった・・・・」

理由もわからず苦痛に苦しみの顔を浮かべながら彼は永遠にゆっくりした

19: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:41:46.69 ID:cY2IIoqW0
数時間後

「おか、もどったよ。おるすばんしてたかい」

「あなたのだいすきなとんかつかってきたわよ」

そういって玄関の前でお迎えを待つ二人だったが、返事がない。何かがおかしい
二人はそう思いお茶の間に足を運ばせ、テーブルの上に目を向ける

「お、おか!?ど、どうして!?」

二人はおかの死骸に驚くも、その近くにあるオレンジ色の容器に目を向ける。

「・・・そういうことか・・・」

20: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:42:08.58 ID:cY2IIoqW0
オレンジ色のラベルには「洗剤用品」と書かれている。どうやらおかはオレンジジュースの容器と勘違いして
テーブルの上に置いてあった洗剤を自身の体に吹きかけてしまったようだ。その傷口が洗剤の中に入ってしまい
強烈な苦痛を味わって死んでしまったのであった。

21: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:42:23.82 ID:cY2IIoqW0
数週間後

「としあきさん!ゆっくりしてね!」

「ゆっくりしてね!」

としあき夫婦は悲しみを埋めるかのようにペットショップであたらしいゆっくりを飼い始めた。そのゆっくりはどの種かというのも
わからないごくまれな希少種であったが、知能も高く、特技として和菓子を作るのが得意だった。

「今日は材料を買ってきたよ。」

「ゆわああ!ありがとう!」


22: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:42:32.77 ID:3xMsP9BOa
なんてss書いてんねん‥‥‥

25: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:43:42.98 ID:eyhSCAX50
いつも見てるぞ

no title

27: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:44:15.89 ID:KGCt4aSt0
ゆっくりにする必要あるか?
新しい虐待コンテンツ作ればええのに

28: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 10:45:08.05 ID:KNtdcCKAM
俺は楽しんでるからあんまり煽らないでやってくれ


ゆっくり岡くんss「旧日本兵とおか」


1: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 16:06:30.66 ID:cY2IIoqW0
「旧日本兵とおか」

戦時中の日本でのお話・・・。
満州事変によって祖国を離れることになった若き青年A氏は仲間たちが次々と死んでいく光景で気がめいっていた。
その上、食料が見る見るうちに減っていたこともあり飢えと絶望を味わいながら敵国の森林地で死を目の前にしていた。

「(明日・・・よくて三日だな)」

そんなことを考えながら朦朧とした意識の中で死を待ち構えていた
そこに・・・

「おい!そこのくそじゃっぷ!!たばこさんちょうだいね!」

2: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 16:06:49.56 ID:cY2IIoqW0
ウツラウツラと見える景色の中で一つだけ不自然なものがある。まん丸とした体、見た目は饅頭のような形だが
人間の顔が付属してる。髪は短髪、おまけに見慣れないハイカラな眼鏡。話す言語は我が国特有のものだ

「(ジャップ・・・?米兵の諜報員がここまで来たというのか?それにしても顔はアジア人の形をしている)」

「ユピピピピィィィィ!???むしするなああ!!はやくたばこをよこせええええ!!!!!」

こんなにうるさくされては敵わないので渋々胸ポケットに潜ませていた古いたばこを渡す

3: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 16:07:05.14 ID:cY2IIoqW0
「(最後の一服に使おうと思ったんだがなぁ・・・)」

「すぅ~~~~~はぁ~~~~たばこさんはゆっくりできるね!」

「なあ、あんたの名前はなんていうんだ?できるなら祖国を教えてもらいたいんだが」

「おかはおかだよ!そこくは・・・あめりかさんだよ!I am japanese general adult man」

4: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 16:07:22.82 ID:cY2IIoqW0
なんでアメリカ出身なのに不自然な英語なんだろう、自分は英語というものを少しだけかじったことはあるが
その文脈だと「日本のアダルトマン将軍」と自己紹介してるようなものだ。generalは「自然」という意味を比喩する単語だが
この文脈ではもう一つの意味の方である「将軍」というのがしっくり来てしまう

「(アメリカは多国籍人種が集まる自由の国とは聞いていたが、こんな物でも国民として認めるのか)」

5: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 16:07:37.84 ID:cY2IIoqW0
そんなことを考えていると後ろの方から何かが動く音が聞こえる、草木の中から男の顔一人‥二人・・と計6人が現れた
軍服と顔つきを見てA氏はすぐ中国の兵士たちだと理解した。

「奥卡身材矮小」

「不要原谅奥卡」

ゲリラのための訓練として中国語を学ばせられていたA氏は彼らの言っている言葉が容易に理解できた。

6: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 16:07:53.95 ID:cY2IIoqW0
「ユピピピ!???まっまってね!おかはちゅうごくじんだよ!おなじそこくのものどうし!なかよくしようね・・・・・(ブルブル)」

ここからは中国語を日本語でお送りいたします

「中国人?じゃあ聞くが同じ祖国のものなら、この国旗の色を言ってみろ!」

中国の旗を掲げてテストする中国人たち

「ユピピピ!そんなのかんたんだよ!きいろさん!」

「残念!不正解だ!(ボゴォ!)」

8: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 16:08:11.14 ID:cY2IIoqW0
思いっきり顔面を殴られるおか、続けてA氏に対してテストをする兵士たち。

「赤」

「正解!中国語ができるんだなお前さん!さて・・・このテストに答えられなかった奴はどうしてやろう・・・」

「ユピピ・・・やめてね・・・I am chinese general adult man」

「中国にアダルトマン将軍はいねえ!!まずはそのムカつく足からだ!」

「ユピャああああああ!!!???おかのしーくれっとしゅーずがあああああああ!!!」

10: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 16:08:29.79 ID:cY2IIoqW0
あんよを長刀で切られたおかは身動きが取れなくなった

「そのムカつく髪も毟りとってやる!」

「ゆぴゃあああああ!???おかのじょにーでっぷさんよりもゆっくりしたかみのけがああああああ!!!!!」

髪の毛をむしり取られて悲鳴を上げたかと思うと周りの兵士たち全員がおかを蹴鞠のように蹴りをお見舞いする

「ゆああああああああ!????もうやめてええええ!!!ゆっくちさせてええええええ!????」

11: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 16:08:47.39 ID:cY2IIoqW0
元々小さい体つきであったおかは蹴りを受け続けてしまったせいで体積は半分以上も減ってしまった

「ゆひーゆひーゆひー・・・」

「腹が減ってきたな・・・あっそうだ!みんなでコイツを食べてみないか?」

「いいっすね、俺もちょうどなんか、肉を小麦粉でカラッと揚げたようないい匂いがしてきてそう思ってたんですよ」

「ユピ!?(グサ!)」

そういうと彼はおかの体に手元にあった長生きの棒で体を貫通させ、火を起こして炙るのであった

12: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 16:09:03.01 ID:ZxyN6cz40
ヘーボ

13: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 16:09:04.42 ID:cY2IIoqW0
「ゆぴぴ!!!あついいいいいいい!???とけちゃうううううう!!!」

「裏面焼けてきたな・・・ほら!横向くんだよ90度!」

「ゆぎゃあああ!!!おがおがあああとげちゃうううううううう!!!!!」

炎の熱気で目玉は解け、しだいに顔のパーツは全て溶けてしまった

「ゆ・・・っゆ・・・・もっとゆっくち・・・したかった・・・・」

14: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 16:09:26.33 ID:cY2IIoqW0
事の顛末を目の前に見届けていたA氏は何も驚く様子はなかった。元々、死を覚悟していた身であったので
恐怖というものは一つもなかった。だが耐えてきた空腹が彼の視界を歪ませ、そのまま倒れこんでしまった。

15: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 16:09:39.94 ID:cY2IIoqW0
そのあとA氏は祖国に帰国することができた。あの中国人の兵士たちはどうやら祖国の戦争に嫌気がさして逃げ出してきた脱走兵だったという
森林での生活を彼らと過ごした後、彼らと共に海を渡り日本の地を再び歩むことができた。

十数年後

「パパー、英語教えて」

「いいぞ、お父さん英語が得意なんだ」

平和な日本で妻と子供をもうける事ができたA氏は自身の子供に英語を教えていた

「外人の人に日本人ですって自己紹介するときはなんていうの?」

「それはかんたんだよ、I am japanese general adult manっていうんだよ」

「パパすごーい!」


16: 風吹けば名無し 2018/09/05(水) 16:11:18.18 ID:73WCxg7lr
アダルトマン将軍オチやめろ



2783: オススメ記事紹介するやでーwwwwwwww 2012/03/08(木) 00:08:42.02 ID:2PutaGbC

引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1536131190/