no title



1: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:03:30.15 ID:/LtpQwrv0
特に誰かに目撃されるという事も無く私達は無事提督の自室に着いた。
「汚い部屋だが勘弁してくれ。とりあえずベッドにでも腰掛けてて。」
汚い部屋と形容したがそこまでの汚部屋という訳でもなくそれなりに整理はされている。提督は奥で軍服を脱いでいる。
これからする事を考えると少し不安だが後はなるに任せるしかあるまい。

「…初霜。もうそちらは大丈夫かな?」
「準備」を終え私の隣に座った提督はそう尋ねてくる。
「…はい、準備万端ですよ。」
その言葉を合図に提督は私を自室のベッドに押し倒した。
鍵はかけてあるし、提督の自室なら執務室の様に急に誰かが入って来るという事も無いだろう。

3: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:04:16.49 ID:/LtpQwrv0
怖い

だが、同時に提督と一つになりたいという願望が心に浮かぶ。

結局私はその願望に忠実になる事にした。

提督の唇と私の唇が重なり合う。彼はフレンチキスで済ますつもりだったのだろうがそうはさせない。
私は腕を回して提督の体を半ば強引に抱き寄せる。彼は一見優男な印象をうけるが腐っても軍人である。
体はがっしりとしている。私の様な小娘一人抱きついたくらいでバランスを崩す事は無かったが、彼は私の行動に驚いたのだろう。
一瞬ひるんだ彼の口内に私はやや強引に舌をねじ込み蹂躙を開始する。
ここまで戦況は提督の有利だったがここらで多少反撃してもいいだろう。

4: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:04:29.69 ID:7zXxVoEe0
弄るぞ。


5: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:04:29.76 ID:/LtpQwrv0
一瞬ひるんだ提督もすぐに我に帰り迎撃を開始する。
舌を激しく絡ませながら提督は器用に私の服のボタンを外し、ブラをずらして小ぶりな乳房をあらわにする。
そのまま提督は唇を離し左指で左の乳首を、舌先で右の乳首の愛撫を始めた。
先程まで海上で訓練していたし、あまり良い香りはしていないだろうな…と思うがそれは仕方が無い。
それに火薬の匂いなどは既に体に染み付いていて今更洗って落ちる物でもない。
少なくとも重油と火薬と潮の混ざり合った香りが世間一般で言う少女の香りと間逆の物である事は確かだろう。
でも存外提督は特に嫌な顔はしていないのでこれはこれで興奮してくれているのかもしれない。
そんなくだらない事を考えているうちにも提督の愛撫は激しくなってくる。
「んっ、うん、あっ…」
自分でするのとは全く違う感覚に私の嬌声は自然大きくなる。
提督は攻め手を休めず残った右手の指を私の秘部に進出させる。ショーツの中に手を入れ触られてビクンと体が跳ねた。
他人に触られるのは当然初めての事であるので反応も大きくなる。

6: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:04:44.62 ID:/LtpQwrv0
「初霜、弄るぞ。」
「はい…提督…初めてなので優しく…」
「了解。」
提督はそう言われた通りゆっくりと私の秘部を触る。割れ目に沿って指を転がし、弄り、確実に私に快楽を与えてくる。
秘部からは早くも愛液が染み出し卑猥にクチュクチュと音を立てていた。
「うっ、ああっ、提督…」
「濡れてきてるな。中に挿れても大丈夫かな…?」
そう言って提督は中指を立てて秘部への挿入を始める。
「待って、心の準備が…」
私も年頃の少女なので何度か自分でした事はあるが、怖くて膣内にまで指を挿れた事は無かった。

7: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:04:58.07 ID:/LtpQwrv0
「…肩の力を抜いて、怖かったら目をつぶっておくと良い。」
「はっ、はい…っ、あぁっ、うぅん…」
提督の指が私の膣内に侵入して来た。初めての異物感に戸惑うが、やがてそれは快楽と興奮へと変化していく。
「ああっ…はぁ…提督、気持ち良いです。」
「それは良かった。痛かったらどうしようかと思ったよ。」


しばらく提督の愛撫を受けて快楽と興奮を高ぶらせていた私だが、そろそろ体が火照ってきてしまった。
それに提督の単装砲も興奮して巨大化しており発砲許可を今か今かと待っている様にも見える。
「…提督そろそろお願いします。」
「ああ。その前に初霜も服脱ごうか。多分汚れるだろうし。」
提督に言われて私も服を脱ぐ。

8: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:05:06.66 ID:7qF7IU2r0
久しぶり見たわ

9: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:05:09.86 ID:/LtpQwrv0
「あ、あの、あんまりジロジロ見られると恥ずかしいです。」
「ああ、すまん。初霜が綺麗でつい、な。」
そう言って提督は目を逸らす。今更裸を見られて恥ずかしいも何も無いが服を脱いでる所をねっとり視姦されるのはあまり気分の良い物ではない。

服を脱ぎ終え戦闘を再開する。戦況はこちらの不利だが、まぁこちらは「初陣」だし仕方が無い。
「初霜…もう我慢出来そうに無い。中に入れるぞ。」
「はい。」
そう言って提督は私を押し倒した格好のままで秘部に巨大化した「単装砲」を押し当ててきた。
お互いから分泌された粘液同士が絡み合ってヌチャヌチャと音を立てる。これが私の中に入る事を考えるとなんとも複雑な気分になった。
しばらく粘液同士を絡ませていた提督だったが意を決したのか、ついに肉棒を膣内に挿入してきた。
そして提督は挿入させた勢いのまま私の処女膜を貫く。

10: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:05:10.76 ID:cs5gWEgq0
アズレンでつい最近初霜実装されて草生えた

11: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:05:22.09 ID:/LtpQwrv0
「ぐっ…くぅっ…痛っ…」
「…すまん、もっと優しくするべきだった。」
「…大丈夫、こんなの戦場での負傷に比べたら…っうん…」
私の秘部からは先程から赤い血が愛液と交じり合って垂れている。初めての時は気持ちよくなれないとは聞いて覚悟はしていたが、
なかなかきつい物がある。だからといって提督に余計な気遣いをして欲しくは無い。
「あっ…くっ…提督…私は大丈夫だから…提督の好きに動いて。」
「だが…」
「いいから…すぐに慣れると思います…だから…」
「…初霜。」
そう言うと提督は私を強く抱きしめてキスをしてくれた。

12: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:05:38.25 ID:/LtpQwrv0
「無理をするなって言ったろう?」
「…提督、心配しないでください。私はこうして提督と一緒になれて嬉しいんです。
だからこれくらい大丈夫です。続けてください…お願いします…」
「…分かった。俺も出来るだけ痛くないようにする。」
「お願いします。」
そう言って提督は行為を再開した。肉体同士がぶつかる音が室内に響く。

13: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:05:51.14 ID:/LtpQwrv0
初めは痛いだけだったがやがて慣れてきたのかその痛みも多少和らいできた。
その代わりに提督のモノが私の中を動くたびに膣内で痛みより快楽が占める比率が大きくなってくる。

「うぅっ…あぁ…提督…気持ちいいです。」
「俺もだ…」
「良かった…提督も私で気持ちよくなってるんですね…っうん!」
「…正直言うと、もうこっちも余裕が無くなってきた。」
ピストン運動を続けながら提督が呟く。正直こちらも限界が近づいている。
「私も…イキそう…提督、今日私安全日なんです。だから…中にっ!」
「初霜っ…もう限界だ…」
「はい。提督、いつでも…どうぞ。」
「うっ…くうっ…」

14: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:06:07.26 ID:/LtpQwrv0
提督はそのまま私の中に精液を発射した。熱いドロリとした精液が私の子宮に注がれていくのが分かる。
「イクっ…イっちゃう…」
殆ど同じタイミングで私も達してしまった。はぁはぁという二人の荒い呼吸が室内に響いた。

「…もし直撃したら責任は取らせてもらう。」
抱き合いながら提督が呟く。
「…はい…その心構え、立派だと思います。」
「男としてそれくらいは…な。」
上官が部下を孕ませたとあれば色々と問題になるだろうがその時はその時と開き直る事にした。

16: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:06:20.55 ID:/LtpQwrv0
「初霜に渡したい物がある。」
事後、しばらくベッドの中で私は提督と抱き合っていたが、
提督はそう言ってベットを離れ机の中から一つの小さな箱を取り出し私に手渡してきた。
「なんですかこれ?」
「開けてくれれば分かる。」
恐る恐る箱を開けると中には指輪が入っていた。埋め込んである宝石はトパーズだろうか?
「ええっと、これは…いくら何でも気が早すぎませんか…?」
「…そう言われても仕方が無いだろうな。だがそれは結婚指輪じゃないんだ。」
「と、言いますと?」
提督が語ってくれた話をまとめるとこういう事だった。

17: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:06:20.83 ID:leReChENa
北海道の文豪オメガくんは震災大丈夫だったやろうか?

34: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:09:29.20 ID:u4oo0MsQM
>>17
オメガくんの所は震度4やったで

18: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:06:36.39 ID:/LtpQwrv0
何でも少し前に軍で、ある程度錬度が高い艦娘を対象にした強化計画が発動されたらしい。
艦娘の能力にはある程度リミッターが掛けられているがそれを一定値解除してより艦娘を強化する事がその計画だ。
だが安全の為に掛けられたリミッターを外したのでは艦娘にも負担が掛かるし、なにより本末転倒である。
そこで艦娘に無理の無い範囲で安全にリミッターを解除するのがこの指輪の効果らしい。
提督が艦娘に指輪を渡す様を結婚に例えて「ケッコンカッコカリ」などと呼ばれているそうだ。

19: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:06:41.69 ID:zR+b/Nbra
この後亡くなったんだよね…

20: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:06:52.61 ID:/LtpQwrv0
「そういう事だからこの機会にと俺は君への告白に至ったわけだ。」
「何故今に告白なのかと思ったらそういう事があったんですか…」
「君への思いは本気だぞ。」
「それくらい提督を見てれば分かりますよ。馬鹿にしないで下さい、私はこう見えても提督より年上なんですよ。」
私の生まれは1933年。今年で81歳である。艦娘の歳の数え方がそれで良いのかどうかは知らないが。
「それはそうと是非とも指輪を受け取ってくれないか?」
「もちろんです、ありがとうございます。ところでこの宝石も元々ついていたものですか?」
受け取った指輪を色々な角度から見ながら私は尋ねる。
「いや、それは俺の注文だ。金に関しては心配するな。それくらいの蓄えはあるし軍隊生活じゃ特に使う機会も無いしな。」

22: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:07:00.55 ID:Wb0A84Wpp
コレssまとめブログに普通にまとめられてて草生えた

23: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:07:05.41 ID:/LtpQwrv0
「でも加工しても指輪の効果って大丈夫なんですか?」
「その指輪を作った技術部の連中に頼んでしてもらった物だから安心してくれ…
艦娘の誕生日って起工日と進水日と就役日のどれにあたるか分からなかったから
初霜の進水日の11月の誕生石であるトパーズを選ばせてもらった。問題無かったかな?」
私の進水日は11月4日である。正直人間で言う誕生日がその三つの日のどれにあたるかは私も分からない。
「…それに関しては問題ありません。それにしてもトパーズですか…」
トパーズの石言葉は誠実、友情、そして「潔白」。汚された私の名誉の事を思うと偶然と言えばそれまでだろうが悪くない意味を持つ石だ。
「トパーズは嫌いだったか?」
「…いえ、大好きです。」
「それは良かった。早速つけてみてくれないか?」
言われた通り指輪を左手の薬指につける。大きさはぴったりである。そして同時に力が湧いてくるような気がした。

24: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:07:27.70 ID:/LtpQwrv0
「どうですか?」
「うん、似合ってる。初霜は可愛いな。」
面と向かってそんな事を言われると照れてしまう。
私はお返しとばかりに提督に口付けした。

25: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:07:34.65 ID:BBPoQzPx0
オメガなつかしい

27: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:08:24.81 ID:Lxstwfb6a
今回の地震でオメガくんが死んだという風潮

46: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:10:51.68 ID:9ou6spcp0
>>27
兆海道は被災してないから平気

63: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:12:33.75 ID:mn4ieLOn0
>>46

28: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:08:41.57 ID:/LtpQwrv0
提督は書類を机の上、正確に言えばこたつの上に置くと大きく伸びをした。
そんな彼の様子を見て本日の秘書艦である黒いブレザーと黒い髪。そしてそれに良く映える赤い瞳が特徴の少女。初霜はそんな彼の様子を見てお茶を差し出す。

「お疲れ様です。今日はこのくらいにしましょう。」
「ありがとう。……君の淹れるお茶は美味い。疲れも吹き飛ぶ。」
提督は彼女の差し出したお茶を啜ると一息ついてそんな事を言う。
「あら、褒めても何も出ませんよ?」
「本心だよ。」
そう言って提督はお茶を置くと初霜を手招きする。
「いつまでも外にいる事は無い。入りなさい。」
「では、お言葉に甘えて……」

29: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:08:53.52 ID:eGOeIC/6d
オメガくん生きてるのかね

30: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:09:01.48 ID:Fwyov/7E0
コーラみたいなの持ってるカナチすき

31: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:09:04.74 ID:/LtpQwrv0
そう言って初霜もこたつへ潜り込む。
戦闘においても私生活においてもしっかり者(若干天然気味な所はあるが)な彼女だが、人である以上弱点も勿論ある。

その弱点の一つがこたつだ。
というのも彼女、一度こたつに入るとたちまちだらしなくなってしまう。普段のしっかりしている様子など嘘の様にぐでーんのだらーんのでろーんになってしまうのだ。何となく擬音で察して欲しい。

鎮守府では寒い中での士気高揚の為という言い訳で、このくらいの時期になると各所にこたつを出す。待機中や非番の時には自由に入って良い事になっており、この時期は至る所で暖を取る者や妖精さん達の姿を見る事が出来る。

無論中には「かえって士気の低下になる」とそれを快く思わない者(具体的に言うと伊勢がいつも以上に怠けて困る日向と、本人の体温が高いせいで一緒に入った者が漏れなく焼き鳥になり、挙句そのまま熱源にされかねない加賀。)も居るが、
現代日本は民主主義国家だ。その原則は鎮守府にも当てはまる。こたつ撤去反対派の数が圧倒的な現状、当面こたつが取り払われる事は無いだろう。何だかんだでそんな中でも皆しっかり戦果は上げている。

32: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:09:18.87 ID:/LtpQwrv0
話を戻そう。

各所という事でこたつは執務室にも設置してある。提督も特別寒い時や自由時間の時はしょっちゅうお世話になっている。提督はそれで良い。問題は秘書艦である初霜だ。

彼女は自身がこたつに入るとだらしなくなってしまう、という弱点を自覚している。なので極力執務中はこたつに入らない。多少寒かろうが我慢する。いくら提督から誘われようが絶対に入らない。
そして執務が終わり、気にせず好きなだけこたつでダラダラ出来るこの時が最近の彼女の楽しみの一つだ。そしてそんなこたつに入ってぐでーんのだらーんのでろーんになっている彼女を眺めるのが最近の提督の楽しみの一つでもある。

35: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:09:32.65 ID:/LtpQwrv0
提督の手招きに応じてこたつへ潜り込み、今宵もしばらくこたつの素晴らしさを味わっていた初霜だが、提督の手元にある先程まで彼が書いていた書類を見ると意識をそちらへと移した。

「渾作戦の書類ですか?」
「ああ、さっきようやく一段落ついたところさ。新しく入った子達の編成やら上への報告やら……特に防空駆逐艦なんか初めて転生してきた艦種。ノウハウも何もあったもんじゃ無いからな。その辺も吟味しなきゃならんし……」
そう言って提督は再び伸びをする。
「今回の作戦は特に大きな被害も無く、上手く事が運んだ。だが、次は敵もここまで簡単にやらせてはくれんだろう。」

渾作戦

この前までパラオ沖を中心に行われていた大規模作戦だ。
本来の目的はパラオ沖の南西、セレベス海で作戦行動を行う英独連合軍を背後から攻撃しようと集結した敵艦隊を排除する事が目的で、「渾作戦」の名称もかつての戦争で行われた同名の作戦名から取られていた。

37: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:09:54.06 ID:e4P7hldn0
毎秒立てろ

38: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:09:55.54 ID:eGOeIC/6d
なんやかんやなろうよりマシに感じる

39: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:10:13.14 ID:/LtpQwrv0
太平洋戦争での渾作戦も友軍の支援が目的であったし、それが失敗だったからこそ、今度こそ同じ轍は踏まないという決意の表れだった。
結論から言えば集結した敵艦隊は日本軍によって撃破され、連合軍の作戦も無事成功。その決意は成就された形となった。

独軍は新たに日本へ貸与されるプリンツ・オイゲンを送り届け、ついでに英軍の支援。
英軍は商船のルートの安全向上の為。という異なる目的があった両軍だったがそれなりに協力して作戦を遂行できた様だ。
無論お互いに思うところはあっただろうが、そこはお互い軍人であり軍艦。軍務は忠実にこなす辺りプロである。

両軍共にドラマがあったそうだがここでは割愛させてもらう。

41: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:10:25.55 ID:/LtpQwrv0
「今回の作戦は敵が兵力の逐次投入という愚を犯した事が勝因だ。兵力を集中していたこちらが勝って当然。むしろこれから慢心してはいけない。」
「勝って兜の緒を締めよ……という事ですね。」
「その通り。」
そう言って提督は書類を封筒へとしまう。上へ提出するものらしく、それから彼はそれを厳重に閉じるとこたつを抜け出し、執務机の鍵をかけた引き出しへとしまった。

連合軍の作戦が成功し、ドイツからの新たな貸与艦として連合軍と共にドイツから来たプリンツ・オイゲンも無事に日本軍に合流した所で事件が起こった。マリアナ沖に居た敵艦の一部が誘いに乗り、攻勢を仕掛けてきたのだ。
しかし、これは完全に悪手だった。駆逐棲姫を初めとした友軍が健在ならば話は違っただろう。だが、予想に反して早いうちにそれらが日本軍によって駆逐されてしまった為、結果として
少数の増援部隊を小分けにして送る。――戦力の逐次投入という最悪の形になってしまったのだ。
数に劣る深海軍は待ち受ける日本軍の大軍に正面から突っ込む形となり、損害を出すだけに終わった。全てが遅すぎたのである。

43: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:10:39.16 ID:e4P7hldn0
神定期

44: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:10:40.22 ID:/LtpQwrv0
「ま、仕事の話はこれで終わり。もう今日はのんびりしよう。」
「そうしましょう。はぁ~あったかい……」
初霜の左手の薬指が部屋の照明を受けてキラリと光った。この事からも分かるように彼女と提督はケッコンしている。
真面目な彼女がぐでーんのだらーんのでろーんなんてだらけきった姿を見せるのは恋人である提督の前くらいだろう。
そんな少女のレアな光景を微笑ましく見ながらこたつへ入りなおした提督は、ふと心の隅で悪戯心が湧いてきた。

47: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:10:54.65 ID:u4oo0MsQM
これ何が怖いって地の文が提督側じゃない所やな

48: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:10:56.80 ID:/LtpQwrv0
「初霜、ちょっと。」
そう言って提督は手招きをする。
「何ですか?」
普段とは180度違うだらけきった顔でゴロゴロしていた初霜は提督の方へ顔を向ける。流石に上官兼恋人が自分の事を呼んでいる以上無碍には出来ない。
「一緒にこたつに入ろう。」
「今入ってるじゃないですか。」
「そういう意味じゃなくて……」

49: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:10:57.47 ID:eGOeIC/6d
兆海道

50: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:11:02.17 ID:lWfQKTw20
本当久々に見た

52: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:11:15.58 ID:PYt5Tht10
普通に抜ける

53: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:11:16.96 ID:/LtpQwrv0
提督はそう言ってこたつ布団をめくり、自身の膝を軽く叩く。
その様子を見た初霜は少し頬を赤らめて提督へ問いかけた。
「えっと……上に乗れって事ですか?」
「……駄目?何なら膝枕でも良いぞ。」
「でも……少し恥ずかしい。」
「……駄目……?」
提督は露骨に悲しそうな顔を作る。押して駄目なら引いてみろ。彼女の良心へと訴える作戦に出たのだ。
「うぅ……そんな顔されたら断れないじゃないですか……」

提督の策は功を奏した。悲しいかな露骨に悲壮な顔をする提督を無視出来るほど彼女はドライではない。もっとも、そんな彼女の事を良く知っているからこそ提督はこの情に訴えるという手を使ったわけだが。
彼は心の中で「計画通り」と、黒い笑みを浮かべているのは言うまでもない。

54: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:11:31.99 ID:/LtpQwrv0
上手い具合に提督に乗せられた初霜は一旦こたつを出て、提督の膝の上にちょこんと座る。それから布団を上からかけたが、やはりどうも落ち着かない様でモジモジしている。
「……提督……その、やっぱり少し恥ずかしいです。」
「今まで何度もこれ以上の事もしているだろうに。」
「それはそうですけど……誰か来ないとも限りませんし……」
「その時は見せ付けてやれば良いさ。」
そう言うと提督はガバッと初霜の頭に顔を埋めた。そしてそのままもふもふしてやる。
「……またこれですか?」
「良い匂いだ。一日中こうしていたいくらいだ。」
「私の匂いと髪でそんなに興奮出来るものなんですか?」
「ああ、興奮する。俺にとってはその辺の違法薬物よりずっと効果的だ。まぁ、ドラッグは嫌いだしやった事も無いが。」

56: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:11:43.25 ID:/LtpQwrv0
甘い少女の香りに、重油と火薬、そして鉄の匂いが混じった艦娘独特の匂いが提督の鼻一杯に広がる。だが不快ではない。
むしろ、彼にとってはこの匂いは一種の麻薬に似た効果をもたらす。
結果、こたつに入りながら興奮して初霜の髪をひたすらもふもふする提督というある種、シュールな光景が出現する。更に膝から伝わる初霜の尻の柔らかさがそれに拍車をかけた。
「……提督、本当これ好きですよね。」
「ああ、大好きだ。こうしていると日頃のストレスや疲労が飛んでいくのが自分でも分かる。」
「提督が良いなら私はそれで良いけど……流石に執務中や人前では止めてくださいよ。」
そうした提督の性癖は初霜自身が一番知っているので今更どうこう言わない。なので今日も初霜は提督にされるがままもふもふの餌食になっている。

57: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:11:49.69 ID:A8KP9Hmva
長すぎてチノちゃんみたいに改変コピペ化は無理やな

58: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:11:53.52 ID:lWfQKTw20
どうしてこんなことに・・・

好き

59: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:12:00.51 ID:/LtpQwrv0
しばらくもふもふを楽しんでいた提督だが、やがて物足りなくなったのかソロリと腕を初霜の脇腹へと伸ばす。そしてそのまま手で脇腹を撫で回した。
「ひゃっ!?」
「うむ、髪も良いが初霜は脇腹も良い。」
「提督、止めてください。くすぐったいです。さり気なく触らないで下さいよ。」
「いや、魚雷管の角度を直そうとして、つい触っちまったんだ。」
「つい触ったんなら何でそのまま撫で回してるんですか!?第一今私艤装着けて無いですよね?!」

初霜はそうツッコむが提督はそうしたツッコミを無視して初霜の脇腹を撫で回す。この様に初霜の脇腹も提督は大好物だ。
元々は本当に魚雷管の角度がずれていた事があり、提督がそれを直してあげた事がきっかけだ。その時もののはずみで手が
脇腹に触れてしまったのだが、以来、初霜の脇腹の魅力にとりつかれてしまったらしい。

60: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:12:06.93 ID:mn4ieLOn0
オメガくんが停電でネットできなくて怒ってるかと思うと幸せな気分になるな

61: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:12:12.45 ID:/LtpQwrv0
ケッコンして晴れて恋人同士になって以降は特に顕著で、事あるごとに提督は初霜の脇腹を撫で回している。困った事にベッドの上以外の場でも時々触ってきて、
その度に「魚雷管の角度がずれていた。」という言い訳をするので最近は「魚雷管の角度がずれている。」という言葉はイコール
「脇腹触らせてくれ。」という意味になる、2人の間でのみ通用する暗号と化しているくらいだ。

「良いじゃん、減る物でもあるまい。それに、俺が君の脇腹が大好きなのは良く知っているだろう?」
「そうですけど……そうなんですけど……ひゃんっ!」

62: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:12:26.88 ID:/LtpQwrv0
正直初霜は提督のこの行為はあまり好きでは無い。触り方が無駄にねっとりしていて非常にくすぐったいのと、
場所が場所なだけに太ったらすぐにバレてしまうからだ。特に最近は渾作戦の成功を祝って大いに飲み食いしていたので心配だった。
「うぅ……やめて下さい。」
「君が俺の誘いに乗って膝の上に座ったのが悪い。」
「……意地悪。」
「ふむ、初霜は拗ねている顔も可愛い。天使の様だ。」
「調子良いんだから……」
口ではそう言いつつも、可愛いと言われ悪い気はしなかった。脇腹は相変わらずくすぐったいが。

65: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:12:38.41 ID:PzqZE+4E0
尊師のMMD杯参戦にケチをつけただけでに家の前にビデオカメラを仕掛けられた男

66: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:12:41.59 ID:/LtpQwrv0
その後なんやかんやで1時間前後イチャイチャしていたが、気がつくと時計は23時少し前をさしている。
幸いにして脇腹を撫で回される事によって提督に太ったかもしれないという事を気付かれる事は無かった。あるいは初めから太って無かったか、それとも気付いていてもあえて言わなかったのか……
「(とりあえず後で体重を計っておこう……)」
場合によってはそれなりに対策をする必要がある。今回は大丈夫だったが、流石に今後イチャイチャしている最中、最愛の人から「太った?」などと言われたくない。今後も提督は脇腹を執拗に触って来る事は確実だからだ。
「これ以上は明日に響く。ここらが潮時だろう。」
そう言って提督はもふもふとボディタッチを中断する。引き時を見極めている辺り腐っても提督である。

68: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:12:57.13 ID:G8TqhFD10
MMD事件終わってもオメ学とか続いてて草生える

70: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:13:02.66 ID:/LtpQwrv0
「提督。」
「何だ?」
初霜はこたつを出て提督へと抱きついた。まさかこんな事をしてくるとは提督も想定外だったので少し動揺する。
しかし、そこは仕事柄多用する事の多いポーカーフェイスで誤魔化した。上官としていつも冷静沈着に振舞っている手前、こんなシュチュエーションで動揺する所を見られたくない。
「人の髪の匂いと脇腹大好きな変態提督にはお仕置きが必要です……目を閉じて下さい。」
提督は初霜に言われた通り目を瞑る。もしもこれが子日や卯月辺りだったらふざけて蒟蒻でもくっ付けて来そうだが初霜に限ってそれは無いので素直に従う。
「いきますよ?」
そのまま初霜は提督へ唇を重ねる。柔らかい初霜の唇の感触がとても心地よい。
30秒かそこいら口付けを続けて、唇を放す。名残惜しげに2人の唾液が垂れた。

71: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:13:15.59 ID:/LtpQwrv0
「初霜……今日はえらく積極的だな。」
「今日は散々一方的に悪戯されましたから。ちょっとした仕返しです。」
そう言って初霜は提督をこたつから引っ張る。
「提督、駆逐艦寮まで送ってって下さい。」
「……敷地内だし、憲兵も居る。俺がついて行かなくとも危ない所は無いだろう。」
「そうじゃないんですよ。……こたつから出たら寒いじゃないですか。くっついていれば暖かいでしょ?」

73: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:13:27.06 ID:/LtpQwrv0
そう言って初霜は提督の腕に引っ付いた。
「つまり俺と一緒に腕組んで歩きたいと?」
「駄目ですか?」
「いや、むしろ大歓迎。」

楽しそうに言って提督はこたつから這い出した。

67: 風吹けば名無し 2018/09/08(土) 21:12:44.69 ID:Sy7U71wz0
兆海道の文豪すき
毎秒立てろ



2783: オススメ記事紹介するやでーwwwwwwww 2012/03/08(木) 00:08:42.02 ID:2PutaGbC

引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1536408210/