no title

1: 2017/08/25(金) 09:44:03.72 ID:n9eQb0Wg0
カイト編

【禁断の森・ラウル帝国】
 カイトたちの時代では広大な深い森だが、その正体はかつてラウル帝国と呼ばれた場所


2: 2017/08/25(金) 09:44:59.60 ID:n9eQb0Wg0
【ラウル古代遺跡】
 ラウル帝国に存在する古代遺跡、複数の入り口があるが中で全て繋がっている。フィーネとディーネが番人を務める
 オーヴと呼ばれる希少価値があり、なおかつ強大な力を秘めているものが存在している

3: 2017/08/25(金) 09:45:12.84 ID:aUsFZf4A0
まずゾット帝国ってなんだよ

14: 2017/08/25(金) 09:51:05.37 ID:XdgNYHcj0
>>3今の貝塚にあたる場所にかつて栄えていた大国だよ

4: 2017/08/25(金) 09:45:39.62 ID:n9eQb0Wg0
【ハンター】
 古代人が作ったラウル帝国を守るためのプログラムが施された魔物。
 プログラムが暴走し、今では禁断の森(旧:ラウル帝国)へと足を踏み入れたものを見境なく襲う。

6: 2017/08/25(金) 09:46:41.86 ID:n9eQb0Wg0
【オーヴ(クリスタル)】
 カイトの祖父がラウル古代遺跡にて手に入れたと思われる秘石。
 ラウル帝国の王が身につけていたともされる。前述したとおりオーヴは強大な力を秘めている。
 祖父を通じてカイトの手に渡る。作中でカイトの呼びかけに呼応している(ミサとカイトが川に落下する際と、滝壺に落下する際)

7: 2017/08/25(金) 09:47:31.80 ID:n9eQb0Wg0
【ディーネとフィーネ】
 ディーネが白色ドラゴン、フィーネが黒色ドラゴン。
 人語を理解し話すことができる。人間の姿になることもできる。姉妹でありディーネが姉。
 共にラウル古代遺跡の番人を努めていたが何者かにより石化させられていた。
 カイトのオーヴと共鳴し、石化が解けた。しかし長年の石化の影響により記憶を失っている部分がある。

17: 2017/08/25(金) 09:52:29.49 ID:GDsZO1vr0
>>7
こいつらドラゴンだけどイメージされる姿がどうしても対馬犬になるんだよなぁ

8: 2017/08/25(金) 09:47:57.78 ID:n9eQb0Wg0
【神の塔】
 頂上に古代王ウィリアムを封じた祭壇がある塔。

9: 2017/08/25(金) 09:48:42.75 ID:n9eQb0Wg0
【古代王ウィリアム】
 ラウル帝国の王? 世界を支配しようと邪悪に染まり、その穢れによりラウル帝国は広大な森へと姿を変え
 怨念により動物たちは魔物へと変わった。妻のアリーシャが呪いと引き換えに彼を神の塔へ封印した。

 ※古代人が作った魔物と、怨念により変化した魔物の差は不明。

10: 2017/08/25(金) 09:49:56.16 ID:RCGWTwxea
この固有名詞説明分かりやすいな
syamuさんには絶対できへんしゾット帝国読んでこれまとめたと考えるとまとめたやつも頭おかしい

11: 2017/08/25(金) 09:50:14.36 ID:9Dp+CpcqH
これだけ見ると普通に面白そう

12: 2017/08/25(金) 09:50:24.89 ID:k0Fddl9UM
設定だけならいけるやん

13: 2017/08/25(金) 09:50:47.70 ID:N+nuxGg9H
古代王ウィリアムって名前だけはすき

15: 2017/08/25(金) 09:51:37.07 ID:OSkwfbOz0
よさそう設定

16: 2017/08/25(金) 09:51:41.25 ID:T4zY95TG0
 わたしは駆け出した。父を倒すため。
 刀の柄を握り締め、僅かな希望に賭けて。
ホルスターから素早くオートマチック銃を抜いて、父上を撃つ。

 オートマチック銃を握る手と、刀を持つ手が震えている。
 やはり、わたしは父を撃つことができない。
 この迷いが命取りになるかもしれない。
 何故、争わなければならない?
 他に方法はないのか?

 父上はわたしが駆けてくるのを見るや、矢の様に素早く動いては変なポーズを決めて、銃弾を華麗に避ける。
 わたしは父の動きが予測できずに立ち止り、刀を握っている腕にオートマチック銃を載せて、父上に苛立ってオートマチック銃を乱射する。

 しばらくして、オートマチック銃の引き金を引いても、弾が放たれなくなる。
 ついにオートマチック銃の弾が切れて、わたしは舌打ちした。

 父上を正確に狙わない限り、父上に傷を負わすことはできない。
 わたしは諦めてオートマチック銃を下ろし、父上を睨み据える。

21: 2017/08/25(金) 09:53:25.36 ID:GDsZO1vr0
>>16
マシンガンオートマチック銃

33: 2017/08/25(金) 09:58:46.77 ID:1mQuIsnw0
>>16
代名詞に親を殺された男

19: 2017/08/25(金) 09:53:10.41 ID:JqpStWj00
あ、これシャムさんの書いたやつやないんか
どうりで読みやすいわけだ

20: 2017/08/25(金) 09:53:11.52 ID:2SV7v9oHM
50点の設定を0点にする土竜

24: 2017/08/25(金) 09:55:21.76 ID:RCGWTwxea
普通小説書く時ってこういうのあらかじめノートに書いておくんやろうけどsyamuさんは八つ当たりばったりに書いてそう

25: 2017/08/25(金) 09:55:52.89 ID:/eO+nuZi0
設定いけるやん

26: 2017/08/25(金) 09:55:54.09 ID:n9eQb0Wg0
ラウル古代遺跡を探し、禁断の森と呼ばれる地に足を踏み入れたカイトとネロ。
しかし、そこで見たこともない魔物に襲われる。
魔物たちに追い詰められるも、助けに来た幼馴染ミサの浮遊する魔法障壁により空へと救い出された二人。
しかし、その後も魔物の執拗な追撃を受けカイトが再び窮地に陥る。

ミサが再び助けに向かうもカイトと共に川へと落下、絶体絶命の状態に。
魔力が枯渇し意識を失ったミサ、彼女を助けるべく川の中で悪戦苦闘するカイトだったが目前に滝が迫る。

滝に吸い込まれていく最後の瞬間
祖父が残したクリスタルがカイトのミサを助けたいという強い想いに呼応する。

30: 2017/08/25(金) 09:57:22.67 ID:RCGWTwxea
>>26
よさそうあらすじ

27: 2017/08/25(金) 09:56:19.21 ID:6OFgZJnd0
ネーミングセンスはあるのに肝心のお話がお話にならないんだよなぁ

31: 2017/08/25(金) 09:57:43.46 ID:HX1xrR7u0
魔物はいいけどなんで機械要素あるの

32: 2017/08/25(金) 09:57:56.30 ID:VeswhfZr0
カイトとかいう盗掘家の孫

34: 2017/08/25(金) 09:59:19.74 ID:jORhnhrEH
知識ないからファンタジーしか書けんのやろなあ



2783: オススメ記事紹介するやでーwwwwwwww 2012/03/07(水) 01:18:42.87 ID:2PutaGbC

引用元:http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1503621843/